どどめ色の真実

ジャンルばらばらの闇鍋ブログでございます。

【DUCその10】嘉音について語る

 右手の剣で敵を討つ、使用人嘉音! 

 f:id:Equisetum:20200311023353j:plain

  嘉音は朱志香の嫁。嫁で合ってるにぇ。

 

 さて、まずは注意書き。うみねこプレイ済の方はご存じの通り、嘉音は『安田紗代』の一人格であり紗音と同一人物というのが定説です。公式設定としてその解釈でいいと思います。しかし、ここではあくまで一個人の『嘉音(嘉哉)』を語ります。人格云々はとりあえず片隅に置いていただければ幸いです。

 

 紗音の弟分であり朱志香から想いを寄せられる少年嘉音。源次リスペクトということもあり、寡黙で冷静な態度を心がけています。使用人としては間違っていないのですが、少々愛想がないのが玉に瑕。そういうお年頃なので仕方なくはあります。

 

 嘉音といえば、ep2第二の晩においての攻防が印象的です。ベアトが山羊を召喚し、嘉音が右手から剣を出したあの場面は、推理に挑んでいたプレイヤーを混乱させること必至です。実際ep2終了時点では魔法描写をどう解釈すればいいかわからず、多くのプレイヤーが思考停止一歩手前に追い込まれたそうです。全裸で首輪になった人もいたかもしれません。そのせいで当初予定されていたLand of the golden witchがお蔵入りになり、代わりに難易度互角のBanquet of the golden witchに差し替えられたのは有名な話です。

 

 ところで、嘉音の強さについて。剣を出せるし対幻想キャラとしては優秀な筈なのですが、実はうみねこ最弱なんじゃないかという声がちらほら。まあ、ネタだよね。というわけで改めて戦績を振り返ってみると……あれ? 弱くない?

 ep2では山羊こそ倒せるけど七姉妹を一人も倒せてないし。しかも同ep内で楼座が山羊を倒しまくる(通称楼座無双)せいで戦いがいまいち映えない。続くep3ではどうにか七姉妹(最弱のルシファー)を倒すものの、そこでも霧江と留弗夫がほぼノーダメージで七姉妹撃破。ep4では……うん、牢屋の檻を切断してくれたよね。ある意味主役回ともいえるep6では不意打ちで楼座を倒して、真里亞に負けかけたところを紗音に助けてもらって……。

 

 いやね、嘉音が弱い訳じゃないのよ。右代宮一族が強すぎるだけ。しかもどんどん新しいキャラが増えていくから、パワーインフレについていけない初期レギュラーのような悲しい扱いになっていく……。朱志香と嘉音だったら、多分朱志香の方が強い。

 

 ep1の最初に土嚢を持ち上げられない場面があります。その後の独り言「僕だって……、……」の解釈は様々ですが、一応漫画版では「本当は持ち上げられたけど持てないふりをした」という解が与えられました。あるいは本来ならばいとこ組と肩を並べることができたのに、という生い立ちに関することじゃないかという解釈もあります。そして他にも、僕だって力持ちになりたい的な感じなんじゃないかともいわれています。私は一番最後を推しています。

 

 がんばれ嘉音くん。