どどめ色の真実

ジャンルばらばらの闇鍋ブログでございます。

【DUCその30】右代宮縁寿について語る

 真実を求める放浪者! 最後のベアトリーチェ、右代宮縁寿!

 f:id:Equisetum:20200329233103j:image

 絵羽伯母さんの次に来たのは奇跡としか言いようがない。

 

 1986年10月の親族会議に欠席した為に右代宮の跡継ぎとなり絵羽の養子になった少女、縁寿。名前だけはep1で出てきましたが、ちゃんとした出番はep3の最後から。アニメ版では山羊の皆さんに華麗な連続蹴りかましてくれました。

 

 事件があった6歳より後は絵羽によって育てられましたが、その境遇は悲惨そのもの。死の間際にある絵羽と容赦のない嫌味な応酬を交わすほど険悪な関係になっています。

 もしep7裏お茶会が真相に近いとすれば、絵羽が縁寿を虐げる理由も理解できます。だからといって6歳の少女に当たっていい訳ではありません。しかし、絵羽の気持ちも痛いほど分かるのが辛いところ……。どちらも悪くないのに、傷つけあわずにはいられない、悲しい間柄です。

 

 ……と、縁寿関連の話になるとどうしても暗くなりそうなので、明るめの方向にいきます。

 ep8のちっちゃい縁寿、すっごいかわいい!

 CS版の真実の魔女ルック縁寿すっごいかわいい!

 漫画版ep8の白き魔女ルック縁寿すっごいかわいい!

 まあ、まとめて言えば、縁寿すっごいかわいくないですか?

 

  原作立ち絵の縁寿も好きです。一部では太ましいだのなんだの言われていますが、あの無愛想な雰囲気が七姉妹やさくたろう、真里亞の前でだけ笑顔になるの、良くないですか? ep2では朱志香のことをツンデレツンドラ)と言っていましたが、本当のツンデレは縁寿だと思います。ツンは8~9割でいいんです。だからこそデレが輝く。

 天草は「乳臭い小娘」と言って切り捨てていましたが、あの大人になりきれていない感じが縁寿の魅力です。乳臭いからいいんだろうが! 自分が一番不幸だと信じ、自分が一番達観して冷静だと信じてしまうお年頃。そんな時期にしか見えないものがあります。

 真里亞が語るように、子供の時にしか見えない魔法があり、大人になってからわかる魔法がある。その中間にいる縁寿だからこそ、あそこまで躊躇わず冒険できたのだと思います。ep4やep6の行動は全て偽書かもしれませんが、縁寿という少女はそれだけの行動力を持っていたはずです。ただの偽書ではなく、それを読むことにより縁寿は"if"の世界の自分を垣間見ることができたのでしょう。

 

 縁寿が寿ゆかりとなり多くの人々に幸せをもたらす魔女になれたことを、心より祝福します。

 

 

 

 

 

 

 《おまけ》

 昨日今日と悲しい感じのイラストになってしまったので、即席で一枚追加。

  ↓

 f:id:Equisetum:20200330220722j:image

  自画自賛だけど縁寿の笑顔が良く描けたと思う。