どどめ色の真実

ジャンルばらばらの闇鍋ブログでございます。

いかにして手描き絵を綺麗に載せるか

 私がやたらと手描き絵を載せたがるのは自分が楽しいからです。でも見ている人も笑顔になれる絵をアップできたら嬉しいよね。

 

 

 普段のやり方としては、

 ①紙に絵を描いて色鉛筆で塗る。

 ②スマホで撮影してブログ記事(下書き段階)にぺたり。

 ③あんまり大きくならないようにサイズ調整。

 

 これが一番手っ取り早いし余計な手間もないんですが、いくつか問題点が。

 まず、絵を描く紙。普通の白い紙を使うにしても、光の関係で色が出たり、消しカスが写りこんだりします。それを誤魔化す為に明るさ調整をすると今度は塗った色が変わってしまいます。

 また、私は時々会社で余った裏紙(数枚ならいいよ~と許可は貰っています)に落書きしますが、 写真を撮ると裏がうっすら見えます。折り曲げている場合、折り目も残ります。

 あと、撮影した画像は基本pngなので重くなる可能性があります。一度パソコンに取り込んでjpgにして、圧縮ソフトで圧縮して……とすればいいのですが、めんどい

 スキャナーは高いしかさばるよなぁ……と思いつついい方法はないか調べてみました。

 

 試してみたのはスマホアプリ『CamScanner』です。

CamScanner スキャンアプリ、PDF 変換、OCR

CamScanner スキャンアプリ、PDF 変換、OCR

  • INTSIG Information Co.,Ltd
  • 仕事効率化
  • 無料

 

 

 f:id:Equisetum:20200405161500j:image   f:id:Equisetum:20200405161541j:plain

 『キコニアのなく頃に』のミャオちゃん。

 裏が透けて見える上に折り目がついた紙に描いてみたイラスト(5分クオリティ)を『CamScanner』で取り込み加工した結果。いい感じになったけど、やっぱり色が変色してしまいます。これはこれで悪くないけどね。

 

 f:id:Equisetum:20200405161535p:image

  編集画面はこんな感じ。下部を切り替えるだけである程度良い感じになったり、白黒に出来たりします。微調整もできます。

 

 やっぱり問題は色。そこで、線画だけは手描きにして色はデジタルで塗ってみる作戦に挑戦しました。

 f:id:Equisetum:20200405161602j:image    f:id:Equisetum:20200405161630j:image

 同じく『キコニア』より、良雄(仮)くん。

 下書き3分、色塗り10分。色塗りアプリは『ibis Paint X』を使用。色塗りもそうですが、腕部分の失敗を後で誤魔化せるのが嬉しい。左下の文字は頑張れば消せます。ただ、最近色鉛筆ブームが来ている身としては塗る楽しさがないのが寂しいかな。

アイビスペイントX

アイビスペイントX

  • ibis inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

 

 まあ、色々やってみて納得のいく方法を模索していきます。