どどめ色の真実

ジャンルばらばらの闇鍋ブログでございます。

やりたいことリストを書く前にやらねばならぬこと

 自分を見つめ直す方法を探していたら「やりたいことリスト100を作るといい」という意見を見つけたのでやってみようと思います。

 参考書籍はこちら↓


 Amazon kindle umlimited*1 のラインナップに入っていました。ありがたい。買うにしても250円とリーズナブルな価格設定です。

 作者自身のひきこもり時代の気持ちも交えつつ、やりたいことリスト100実現に向けて動くことによる変化も語られています。実用書の最初にちゃんと作者体験談が書いてあるとすんなり読める気がしませんか? そんなことない?
 第一章で作者が実際に書いたリストを公開してくれるのですが、本当に出来るのかというような夢から割となんとかなりそうな目標まで、幅広くありました。出来るかどうか考えるより、まずは書いてから、ということです。(この辺は後半に詳しく書いてあります。)

 しかし、第二章で思わぬ障害が!
 「リストを書く前の準備。お掃除をしましょう」
 掃除……私が苦手とすることのひとつです。こんまりさん*2の本を読んで勢いで片付けを始めたものの本の整理ができず途中で躓いてばかりの私にはハードルが高い。要するに怠け者なだけですが。
 最初に掃除をする理由は、せっかく買ったのに使っていないものを発掘し、いらないものを切り捨てる為。また、忘れていたけど買った当時の気持ちを思い出し使いたくなる、というものを見つける為。こんまりさんの片付け術にも似たようなものがあるので、当たり前といえば当たり前のことなのでしょう。片づけられない人間(=私)には当たり前じゃなかった訳ですが。

 てなわけで、せっかくリストを作る意気込みを持ちましたが、まずは掃除から始めることにしました。先にリストを作ろうとすると結局掃除をサボる気がします。

 リストについてはブログや友人に公開するのが良いとあるので、ここで公開しようと思います。恥ずかしいけど自分だけ見えるものにしたら結局サボる気がします。
 

*1:Amazonが提供している月額980円で一部の電子書籍読み放題のサービス。私にとって本の衝動買い防止になっている。

*2:「人生がときめく片づけの魔法」で有名な片付けコンサルタント近藤麻理恵さん。分かりやすくもなかなか手厳しい片付け術の使い手。美人。