どどめ色の真実

ジャンルばらばらの闇鍋ブログでございます。

ウーパールーパーを推してみる。

 現在我が家にいるペットはウーパールーパーです。
 周りからは珍しがられますが水槽でお手軽に飼える動物なので、もう少し広まって欲しいものです。という訳でウーパールーパーを全力で推していきたいと思います。

 ※動物を飼うというのは命を預かるということであり、責任を伴います。ウパ好きが増えて欲しいとは思いますが、飼う時は下調べと準備と覚悟と死後のことまで考えてから飼いましょう。

推しポイントその1:水槽で飼える

 住宅環境によってはペット禁止の場所がたくさんあります。もし飼いたいと思ったら大家さんに確認するなりしましょう。ペット禁止と言われていても「水槽で飼える生き物ならOK」「ハムスターくらいなら」という場合もあります。(水槽でもアウトという場合も勿論あります。)
 で、ウーパールーパーはその一生を水中で過ごします。ヤモリを飼っていた時は脱走が怖かったのですが、ウパは基本的に陸上に上がることができません。
 基本的にと言ったのは、ウパは変態して陸上で生きるようになることがあるからです。その時は飼い方を変える必要があります。変態したウパの外見はサンショウウオに似ており、人によっては苦手な人もいます。しかし一度飼った以上は愛情と責任を捨てないようにしてください。
 私はあの姿も好きですけどね。きもかわ。

推しポイントその2:リーズナブルなお値段

 ウパのお値段はだいたい1000~2000くらい(お店によってだいぶ違います)。しかもペットショップだけでなくホームセンターや通販でも買えてしまいます。水生生物は水の中で生きる為、飼育環境を整えるのにお金がかかります。生体の価格を抑えられる分、水槽や濾過機に拘りやすくなります。
 当たり前ですが、安いからといって命が安い訳ではありません。快適に過ごせる環境にケチってはいけません。

推しポイントその3:慣れると思いの外リアクションしてくれる

 爬虫類や両生類は懐かない、と言われています。しかしネット上でウパ飼いの人の情報を見ると、エサやりの時に近寄ってくる、呼ぶと反応するなどの話を聞きます。
 影に反応してるだけ、なんて意見もありますが、実際飼ってみるとそれだけとは思えない時もあります。
 我が家のウパはエサやりを忘れると恨めし気な目でこちらを見つめてきます。

 懐かないけど慣れはする、気がします。

【補足】

 ウーパールーパーは食べられます。しかし、ペット用に売られているウパは食用ではないし、ウパ飼いは食べる為に飼っている訳ではありません。ネットではウーパールーパーの唐揚げ画像が出回っていますが、人によっては話題に出されること自体嫌がるのでやめましょう。
 食べたい人は専門店に行って下さい。
(昔はちょっとおいしそうだと思っていましたが、飼い始めてから食べたいと思わなくなりました。)

f:id:Equisetum:20200522221519j:plain