どどめ色の真実

ジャンルばらばらの闇鍋ブログでございます。

【ひぐらし業】その6-4・割と絶対の意志≪猫騙し編≫

 〇〇〇が犯人だと仮定して振り返る猫騙し編。

 考察と妄想の違いは紙一重だと思ってる。

 

雛見沢症候群】赤坂、茜、公由、圭一(強制発症)、沙都子(自己発症)

【動機】不明

 

 ※業梨花視点なので猫騙し編の描写には虚飾が混じる。

 

■14話

・祟騙し編のレナの発言を裏付ける大石発症場面。

 →なぜわざわざ猫騙し編に跨いで描写されたのか。「死の直前の記憶を保持している」ことの裏付け? しかし鬼騙し編と綿騙し編の死亡時の記憶が語られていない。

 →羽入が死亡時の記憶保持の能力を与えたのは祟騙し編から。

・繰り返す者を殺す鬼狩柳桜。自らの手で生き様を選び取りなさい、と言う羽入。

 →羽入は全てを知っている?

・部活はかくれんぼ。見つけてほしかったのでは、と考える圭一。

 →業梨花鬼狩柳桜を見つける時間が欲しかっただけ。もしかしたら潜在的な願いが「見つけてほしい」なのかもしれない。

■15話

・謎の麻雀描写。妙に詳しい沙都子だが燕返しが失敗する。

 →「予め仕込む」必要がある燕返しが失敗。沙都子の最初の目的が崩れたことの暗示?

・赤坂の発症。梨花の自宅で二人きり。

 →別の所から梨花を連れてきて立てこもり、なら納得。最初から自宅なら梨花が二人きりの状況を作り出した?

・茜の発症。園崎本家で刀を使って惨劇を起こす。

 →物分かりがいいとはいえ北条家の沙都子と二人きりになるだろうか? 梨花なら容易に近づける。部活メンバーの中で魅音梨花だけ園崎本家にいたのはなぜ?

・公由の発症。信仰に従い梨花を生きたまま沼に沈めようとする。

  →公由は北条家を毛嫌いしており、沙都子との付き合いも「友達は選んだほうがいい」というほど。梨花なら容易に近づける。信仰が深いからこそ惨劇を起こすのではなく梨花を沈める発想になった?(裏で起こしている可能性もある。)

・圭一の発症。エンジェルモートに立てこもり梨花以外を滅多打ちにする。

 →「ウジ虫病の特効薬のありかを今度こそ話してもらう」という謎の発言。今度こそ、ということはその前に何かの話をしていた? 沙都子とレナが同行していたのは偶然? また、今までのループで一番早く発症している。

 →以上四名の強制発症に至る過程が描写されていない。描写されている部分も梨花によって虚飾がされているので被害者に見える。

■16話

・目覚めた時点で既に裂かれた腹、沙都子の意味深な発言。

 →麻酔をした上で致命傷を与える理由は、自分の言葉を聞いてもらうため。動ける状態だと業梨花は沙都子を殺しにかかる可能性がある。沙都子のループが通算8回目なのだとしたら、残酷な手段を用いてでも言葉を届けようとするのでは。ただしこの世界を諦めて次の世界に行くこと前提で。

・雛見沢を離れた梨花咎めながら鍬を振るう沙都子。

 →この世界ではずっと赤い画面が続くが、オヤシロ様のお告げを聞いたと語った後から色調が変わる。前半はかろうじて下の色がわかる程度の赤、後半は赤みが深くなっている。

 →前半は実際に沙都子が言った言葉、後半は業梨花により本当の言葉が虚飾されている。

・首を掻いているのなら、沙都子は末期症状を発症している?

 →業梨花が注射器を隠すなら身近。自宅? 沙都子が発見して自分に刺した。また他の皆を殺した後なら梨花がのんびり寝かされている訳がない。雛見沢住民が安全を確保しようとするのでは。

 →「誰か一人を生贄に捧げる(発症させる)」のが業梨花のループの条件?

・雛見沢を捨てたことを恥じ、改心する業梨花。雛見沢は最高です!

 →沙都子の言葉から沙都子もまた繰り返す者だとアタリをつけた業梨花は、その証拠を突き止めるため雛見沢に不満がない演技をして油断させた。

 →業梨花に自分の言葉が届いたと思った沙都子は嬉しさに涙を流す。これから先、業梨花が惨劇を起こすことはないと信じて。

■17話

・知らない間にサイコロの目が決まる世界。気持ち悪い。

 →その意識そのものが「繰り返す者」としての業。前提に「運命のサイコロは自分が振るもの」という考えがある。梨花は自分が主人公、運命を決める側だと信じているから。沙都子がループをしているというのは業梨花にとって不確定要素。

 業梨花の世界に不確定要素はいらない。

 →どんな世界に行っても何かしらの不満を見出してしまう。

 ・「もう、どこにも行こうとしないでくださいませ。梨花

 →ループを始めた当初の自分の願いであり、業梨花が凶行に走らなければこのまま理想的な世界が続いていく。

・業梨花が用意した誕生日プレゼントの箱に反応する沙都子。

 →計画通り(業梨花)。ぬいぐるみに変えたのは、信じたい気持ちもあった?

・赤目になり銃を構える沙都子。

 →業梨花が暴走した時のために用意していた? また繰り返すつもり?

 

■疑問点

 業梨花が犯人にせよ、沙都子が犯人にせよ、「どうやって研究所からH173を手に入れたのか」という部分がわからない。共犯者がいるならば可能だが、単独犯の場合難しい。沙都子が犯人なら共犯になり得そうなのは入江、詩音。しかしそれらしい伏線はあまり立っていない。業梨花が犯人だと誰も共犯になりそうもない。

 

■蛇足

 ……まあ素直に物語を受け入れていれば猫騙し編終了時点で「沙都子が犯人」になるんだろうけど、どうもうみねこ以来疑り深くなってしまって。ひぐらし業が終わった後に「こんな妄想してる奴がいたんかwww」となるくらいがちょうどいいんじゃないかな、考察って。